クオリティアシュアランス

基板設計 3 jpg

品質保証は、PCBやPCBAが要求される品質基準や機能性を満たすことを保証する、PCB製造工程に不可欠な要素です。ここでは、品質保証プログラムの主要な構成要素を紹介します:

  1. 品質管理を行う: 品質管理では、PCBやPCBAの設計、製造、試験、検査に標準的な手順を設け、異なるバッチや注文でも一貫した性能を確保する。

  2. テストと検査: テストと検査では、PCBやPCBAに対して一連のテストや検査を行い、製造プロセスの早い段階で欠陥や問題を発見し、迅速に是正措置を講じることが必要です。検査には、目視検査、自動光学検査、X線検査、回路内検査、機能検査、バーンイン検査、環境検査などがあります。

  3. サプライヤーの評価と管理: サプライヤーの評価と管理には、原材料、部品、機器などの信頼できるサプライヤーの選定、明確な品質指標とベンチマークの設定、サプライヤーのパフォーマンスの定期的な監視が含まれます。

  4. 社員の教育・研修: 従業員教育では、ベストプラクティス、安全基準、品質管理手順について従業員に定期的に教育・訓練を行い、従業員が効果的に業務を遂行するために必要なスキルや知識を身につけるようにします。

  5. 継続的に改善すること: 継続的な改善には、品質保証プログラムの有効性を定期的に見直し、評価し、改善すべき点を特定し、プログラム全体の有効性を高めるための変更を実施することが含まれます。

強固な品質保証プログラムを導入することで、PCBメーカーは顧客満足度の向上、返品率の低減、生産性の向上、高品質なPCBやPCBAの信頼できるサプライヤーとしての評判を高めることができます。

ISO9001:2015 jpgIATF jpg ISO13485 jpg

著者について

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

シェアする...